ブログ

株式会社山櫻「バナナペーパー」&「東北コットンCoC」のバラ折り

株式会社山櫻「バナナペーパー」&「東北コットンCoC」のバラ折り

このバラ折りの紙はSDGsに貢献できるエシカル製品を生産されている株式会社山櫻様の「バナナペーパー」「東北コットンCoC」を使って心を込めて折りました。 薄いベージュカラーが心を優しく穏やかにしてくれます。バラ折りのカールの形状がとても綺麗にキープされ、程好い厚みと手触りの感触が今までのこだわりの紙とは違った温かみを指先から感じました。 千葉県船橋市でアクティブシニアのバラ折りニスト®達と、このストーリー性のある2種類の紙で折り上げた花束を眺めました。バラや葉っぱがとてもピュアで可愛い小娘のようなシルエットが、若かりし自分達の姿にタイムスリップしました。

【バナナペーパー】

今までは廃棄されるだけだったオーガニックバナナの茎から取った「バナナ繊維」を原料として使用し、日本の和紙の技術を用いて作られた「フェアトレード」の紙です。

【東北コットンCoC】

「東北コットンプロジェクト」で栽培された綿(コットン)の茎から採取した繊維と、森林認証パルプを原料にしています。紙に綿花の茎が漉き込まれているので、一枚一枚の繊維の紋様が異なっており、味わいのある風合いで様々な表情が楽しめます。 上記内容は株式会社山櫻様のホームページより抜粋させて頂きました。 #OnePlanetPaper® #バナナペーパー #アフリカ #ザンビア #タンザニア #bioRePROJECT #フェアトレード #貧困問題解決 #SDGs #FSC #越前和紙 #オーガニック #madewithJapan #エシカル #山櫻]]>