船橋商工会議所総会前の【折り紙のバラ】プチセミナーの準備 孫娘のヘルプ大助かり!

船橋商工会議所総会前の【折り紙のバラ】プチセミナーの準備 孫娘のヘルプ大助かり!

小箱にバラの花を詰める孫娘のヘルプ!

船橋商工会議所サービス業部会の総会が6月6日に行われました。

総会開催前に30分のプチセミナー講師としてサービス業部会より仰せつかりました。

こどもの頃に慣れ親しんだ折り紙で折った蓋4枚、底4枚の小箱を使って、ちょっと頭と指先を動かしながら、日常のお仕事に疲れている心と体童心にリセットしていただきました。

その様子はまたあらためてご紹介することにしますが、今日ご紹介したいことは、この準備に関わった裏方さんたちのお話しです。

今回の小箱50個、大きいサイズのバラ50個。小さいサイズのバラ50個は2人の「バラ折りニスト」に制作を依頼し買い取りました。

そして、出来上がった小箱にバラ折りの花を2個ずつ詰めるお手伝いをしてくれたのが孫娘でした。

4歳半にもなると、小箱の中にとても丁寧に詰め込んで蓋を締める作業ができることに嬉しさを感じました。

これは大切なものなんだということをしっかり伝えると、緊張感を持って開け閉めしたり、バラを詰めていく姿はいつも遊んでいる子供っぽさの動きが、急に大人ぽっくなって驚きました。

この小箱の折り方をお知りになりたい方は、下記LINE@にご登録いただけますと動画を差し上げています。
https://paperrose.tokyo/post-473/

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)